九州大学 総合理工学研究院 エネルギー環境共生工学部門/総合理工学府 環境エネルギー工学専攻/工学部 エネルギー科学科


RECENT NEWS

新着ニュース

2017.04.11

エネルギー科学科4年生2名と環境エネルギー工学専攻修士1年13名が配属されました。


2016.10.01

2016年夏のドイツ滞在記(客員教授 @マックス・プランク研究所)


2015.12.16

第29回数値流体シンポジウムに参加しました(池谷). 学会に参加していた東北大学の大風先生・東京大学の菊本先生,中島さん(D2) と研究紹介ゼミを行いました


2015.12.10

第21回交通流シンポジウムに参加しました(福田・岩村)


2015.12.02

2015年12月2日・3日に九州大学筑紫キャンパスで行われた3校間(Kyushu University, Pusan National University, Shanghai Jiao Tong University) の国際会議"The 17th Cross Straits Symposium on Energy and Environmental Science and Technology (CSS-EEST 17)"に
深見,池本,中村,ジョン,アティカの5人が参加しました

▲深見はポスター発表,池本,中村,ジョン,アティカは10分間の口頭発表に参加しました. 深見はポスター発表前に3分間のショートプレゼンをしました.

▲深見のポスター発表です.変な顔をしていますが,まじめに取り組みました.

▲口頭発表参加者(池本,中村,アティカ,ジョン)は全員表彰されました.深見はベストポスター賞を受賞しました.

最後に参加目メンバーと池本君が韓国でお世話になった先生とでパシャリ.緊張しましたが,有意義な時間を過ごしました.

M2 深見 亮介


2015.11.30

MJIITで集中講義(谷本)
2015年12月3〜4日,マレーシア工科大学(UTM)内に日本のODAで設置されたMJJITで集中講義を行いました. これは,MJIIT内に九大サテライトオフィスを設置(開所セレモニーが同12/7に行われ,副理事の渡邉公一郎教授, 責任部局を代表して総理工副研究院長・内野教授,副学府長・水野教授が出席されました;cf.総理工webページ) することに伴う事業であり,初年度は仕掛け人である私自らが出向いたわけです.MJIITには, ここで何度か登場している修了生Sheikh Ahmad Zaki博士が上級講師として奉職しています. 今次も,彼のアレンジで,20人以上の大学院生,教員スタッフを前に,1セメスター分を圧縮ダイジェストして "Mathematical Analysis of Environmental System"の講義をしてきました.

▲MJIITに新設された九大オフィスです.

Zaki(私の右隣)の研究室の院生だけでなく,多くの大学院生が聴きに来てくれました.2日目最後に残っていた学生諸君と. 日本人学生相手に感じる言語障壁はないのですが(したがって思う存分,喋ることが出来る),意外なことに気が付きました. マレーシアの中等教育事情によるのでしょうが,ここマレーシア研究5大学の一画を占めるUTMにあっても, 数学と物理の基礎が怪しい者が可成りいるのです(もちろん日本にも居ますけれど). これ,これまでマレーシアの留学生を受け入れてきて薄々は感じていたことですが, 今回,改めて実感したところです. モード解析など工学システムの解析には必須の固有値の概念が掴めない者, ベクトル・マトリクス演算がまともに行えない者が聴衆にいる中, 拡散方程式の数値計算法を理解して貰うのはかなり骨の折れる仕事でした. 2日間喋り詰めで,流石の僕もヘトヘトになりました.

お昼は2日間ともZakiの気遣いで,彼の研究室の連中とランチ・パーティー. かつての学生のそのまた学生たちと,四方山のハナシを楽しめるなんで,なんて僕は果報者なんだろうと思いました. Zakiよ.今回も何かと気遣いしてくれて,ありがとう. 写真には残っていないのですが,つい2ヶ月ばかり前にドクターとって帰国したMohod Faizal Bin Mohamd博士が昼休みにわざわざ会いに来てくれました. 彼は,これもかつての修了生Razak Bin Abd Azli 博士のもとで,Universiti Teknologi MARA (UiTM) で教職についています. すっかり浦島太郎になってしまって,帰ってのちの授業負担の多さに辟易しているとぼやく彼に, Fizalよ,無事,学位取って帰ったんだから,しばらくは御礼奉公だよ,と言い諭した次第. それより,Fizalよ,その流暢な日本語がさび付かないようにしないともったいないぜ,と申しますと, 日本語使う機会がないので,家で娘と日本語で話しています, と冗談とも本当ともつかないギャグをカマしていました. Faizalよ,せいぜい頑張って下さいよ.

谷本


2015.10.26

エネルギー科学科3年生課題集約演習発表会

エネルギー科学科3年生の課題集約演習のポスター発表会が2016年1月26日に伊都キャンパスで開催されました. 本年度は6名のEコースの学生が配属され,半年間の実験成果をポスターにまとめて発表しました. 前々日の大雪の影響で,福岡都市高速が通行止めになり,ポスターが開始時間に間に合わない事態となりましたが, エネ科事務室の上村さんの迅速な対応のおかけでなんとか間に合いました. -->発表会には萩島先生も来て下さいました. 今年のテーマは,昨年に引き続き"縮小模型を用いたスケール実験の妥当性検証"です.今回は, 円錐型の模型を東急ハンズで購入,表面摩擦が効きそうなBluff Bodyを選択して,気流場のRe数依存性を調べました. 測定台を工夫し,流入風のばらつき小さくすることで,昨年より明確なRe数依存性が確認できると期待しましたが...


2015年9月

2015.09.04

久しぶりに片山忠久先生にお目にかかりました.

2015年9月4-6日に行われた日本建築学会大会(東海大学)に参加しました.久しく行っておりませんもので,口の悪い人は,お前まだ生きてたのかなんて言ってました.2日目は萩島先生の学会賞受賞記念講演が行われます.遠いところを来て頂くのは恐縮なので(片山先生は昨年に越後の米山から横浜は保土ケ谷に居を移されましたが,何しろAIJの会場は坂田の金時の山麓でありますから・・・),初日9/4(金)の午後に日本工業大学・三坂先生(萩島先生と同時に社会人で学位を取得されました)と三人で,ご自宅近くの東戸塚駅まで伺い,ご夫妻にお目にかかりました. 先生はお元気でらっしゃいます. 少々心配しておりましたけれど,お元気です.次の日の記念講演にもわざわざご夫妻でおいで下さいました. 萩島先生の記念講演も素晴らしかった. これは講演中の噺にはありませんでしたけれど,受賞のことは片山先生が喜んで下さったことが何より嬉しいと仰ってました.片山先生も,一つ事のように,かつての研究室スタッフがみな学会賞をとり,自分としても何より嬉しく思うと繰り返しくりかえし仰っていたのが忘れられません.お年を召された先生の,それでもかわらぬ暖かいお人柄にふれ,一方で馬齢を加えた己を思うとき,過ぎ去った二十年の春秋が思い返されるわけです. たまには甘い感傷も許されるでしょう.改札前でお別れするとき,不覚にも鼻奥が湿ってくるのでした. サイエンスとしての価値だけが,その人が賛嘆されるか否かの基軸になる(少なくともそうあるべきである)との平明な原理と諒解に貫かれた世界を垣間見た身には,久方ぶりの建築学会の雰囲気は,勿論,自分の生まれ育った故地ゆえ心地よさもあるのですが,幾許かの違和を感じるわけです.そんな事どもを感じつつ,浮き世の人との関わりとは一体何なんだろうと考える・・・多くが利害で繋がっている中で,旧来かわらぬ感情で繋がっている人との綾を確認するに及んで大きく安堵する.そんな時間になりました.


2015.09.04

建築学会大会(関東・東海大学)に参加しました. (谷本,萩島,池谷,鄭,佐藤,深見)


2015年8月

2015.08.19

教科書「Fundamentals of Evolutionary Game Theory and its Application」 出版 SpringerのFlyer


2015.08.14

研究室園遊会(修了生を招いて萩島先生の学会賞を祝う)
お盆休み中の8/14(金)に萩島先生の日本建築学会賞(論文)をお祝いすると銘打って, 連絡のつくOB/OGを招いてBBQ園遊会を行いました.

▲現役生が火熾しにかかっています.

▲OGの花生(高尾)さんからのお祝いです.

▲僕からのお祝いです.

谷さんとドクターコースの福田さんからのお祝いです.なんで僕がいつまでものさばって写ってるのかなぁ・・・引っ込めよ.

佐藤クンが代表して学生からのお祝いを.後ろは今回一番の先輩となる月松クンです.

(今年の3月修了ですから新)OGの廣瀬さんからのお祝い.

三々五々修了生の皆さんが集まってきます.山ちゃんと古賀クンが来ました.

宴たけなわとなって.あらまぁそんな顔して,どうしたんですか.

ジョンさんと話こむのはOGのパクさんです.

左から4番目後列が廣瀬さん同期で今春修了の池田クン,その前列右が同期の小笠原クンです.

わたしたちが帰ろうとしたタイミングでわざわざ仕事から(大分の日田です)松ちゃんが駆けつけてくれました.いつもお笑顔と気遣いありがとう. 懐かしい顔かお貌・・・まことに愉快な一夕でした.

米澤クンはじめ心づくしの品物を送って下さった,またメールでメッセージを寄せてくれた修了生の皆さん,どうもありがとうございました. 今度みんなが一堂に会するのは私の葬式になりますかね・・・そう云うこと言ってる人に限って120まで生きると女房に言われております.


2015.07.23

釜山大学から,Kimさん,Parkさん,Kwakさんの3名が短期インターンシップで滞在しました. 模型周辺気流の可視化に挑戦しました.
7/23~8/13まで,釜山大学から短期インターン生として,Parkさん,Kimさん,Kwakさんが 研究室に滞在しました.滞在中,実験用模型の作成と可視化実験のデモを行ってくれました. 可視化実験は,レーザーシートを対象模型周りに照射し,散布したトレーサーの散乱光を USB式のWebカメラで動画撮影,解析で静止画に分割し,気流分布を可視化する,というものです.

まず,小型風洞で挑戦.アクリル洞にトレーサーガスを満たし,レーザー散乱光が Webカメラで撮影できるか確かめています.レーザー出力は1W,トレーサー発生器には DantecのSAFEX Fog Generatorを使用しました.デモ実験にしてはカメラ以外は高性能

そこそこうまく撮影できそうな様子だったので,続いて,装置を大風洞に設置します. 風洞測定部に立方体模型が設置されており,その鉛直断面を捉えるように レーザーシートが照射されています.

トレーサーガスを散布して,Webカメラで撮影....レーザーシートが散乱してしまい, 綺麗に気流パターンがとれません.かつ,Webカメラの解像度,撮影速度も不十分でした.

デモ実験は失敗しましたが,風洞実験の雰囲気を味わってもらえたのではないかと思います. また,実験用模型の作成は大変助かりました.どうもありがとうございました. 集合写真・手前左からKwakさん,Parkさん,Kimさん,実験には使用していない 小風洞の前で.


2015年7月

2015.07.20

France, Toulouseで開催されたICUC9 (International Conference on Urban Climate) に参加しました(萩島,池谷,Atikha,佐藤).また,萩島先生がICUCの主催団体である IAUC (The Inter national Association for Urban Climate) のBoard Memberに選任されました.

I attended the 9th International Conference on Urban Climate jointly with the 12th Symposium on The Urban Environment. It was a great experience and I felt grateful to have had the opportunity to attend such a big international conference. The event was held from 20 to 25th of July 2015 in Toulouse, so called 'The Pink City' because of its unique architecture, made from pinkish bricks. The city of Toulouse is also known as the center of the European aerospace industry.

The conference sessions were quite tight since they were scheduled from 8am to 6pm from Monday to Wednesday. In the other two remaining days, the conference sessions finished early, at 4pm, due to the reception at town hall and conference dinner. During the 5 days conference, I acquired new knowledge especially in climate change mitigation and its adaptation strategies in urban environments. Besides that, they also covered information on the governance challenges in tackling the urban heat island issues.

I also met several good professors, made new friends from other country and exchanged our ideas, both in phD studies and life. Even the conference scope was widely covered, from experimental studies to social and human sciences, it motivated me to learn more and contribute something in Malaysia.

Overall, it was a good experience for me. Thank You to Hagishima Sensei who gave this opportunity to me to attend this international conference.

D3 Atikha

2015年7月20から24日にフランス・Toulouseで開催された9th International Conference on Urban Climateに参加しました. 大会には世界各国から参加者が集まり,最新の研究内容について発表・議論が行われました.

当研究室からは池谷先生,Atihkaさん,そして僕が発表を行いました. 発表時間は12分,質疑応答は3分だけでしたが,その時間以外にも質問やアドバイスをいただき,とても勉強になりました. Toulouseはこじんまりとした街ですが,街並みは美しく,学会後の散策では西洋に来たことを実感できました.

D2 佐藤 幹


2015年6月

2015.06.10

皆さんに誕生日を祝って貰いました.

6月10日はときの記念日ですが,わたくしめの誕生日であります. 「人間五十年,下天のうちを比ぶれば, 夢幻の如くなり. ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」と『敦盛』を謳いながら(ほんとうかなぁ)従容と死途についた信長が没したのは齢四十九.史上の天才に比すべくもない身ではありますが,一寸,長生きしすぎました(一つだけね).毎年の人間ドックが楽しみでしょうがない・・・昔の模擬試験の結果みたいにオールA判定.当分死ねそうにありません・・・女房じゃないが,これは(周囲の迷惑顧みず)120才までかたいか・・・.

皆さん,ありがとう御座います.予期せぬことで大変嬉しく思いました.家ではこんなことして貰ったことありませんから.

感激もそこそこに,俄然,問題になったのが,これどうやって食うかってこと.ご随意に切り刻んで下さいと言われたので,当人としてはどうかと思ったのですが,「脳天唐竹割り」に致しました.周囲,大歓声です.泣いて馬謖を斬り申した・・・意味違うなぁ. 閑話休題(あだしごとはさておき),皆さん,お気遣いどうもありがとうございました.


2015年5月

2015.05.29

H27年度 風工学会年次研究発表会に参加しました(池谷).


2015年4月

2015.04.15

研究室に学部生3名(岩村くん,大柿くん,小野くん),修士5名(大西くん,園田くん,村上くん,蓮子くん, Bi-kun )が 加わりました.