九州大学 総合理工学研究院 エネルギー環境共生工学部門/総合理工学府 環境エネルギー工学専攻/工学部 エネルギー科学科


建築都市環境工学における新しいコンピュータ利用技術の模索

研究の過程で開発したコンピューターのプログラムは研究が終わるとお蔵入りとなるか、研究室でに代々継承されるハウツーとしてひっそり保管され、得られた知見をまとめた論文のみが広く世に出る、というのがこれまでの私たちの研究分野での一つの傾向でした。しかし、研究の過程で開発したプログラムが、もし他の研究者や実務・設計者,学生など幅広い人々の需要を満たすものであれば、それは大切な成果物の一端であり、共有すべき知的財産といえるのではないでしょうか。
我々の研究室ではこのような問題意識から、出来る限り研究成果を多くの人に使って頂けるようなコンピュータアプリケーションとして、web上で広く公開していこうと考えています。

これまでに開発した主なソフト