• 要因効果推定表(last update: 2002/1/14)
  • 周辺に建物がある場合に壁面入射日射量が減衰する割合を読みとる表です。
  • ET_AEEversion 1.1.12 (last update: 2002/10/10)
  • 建築環境工学全般についての計算ソフト.
  • Angle Factorversion 1.0a (last update:2002/10/10)
  • 微小点対任意多角形平面の形態係数を求めるソフト.
  • AUSSSM TOOL version 0.04 (last update: 2003/06/06)
  • 都市高温化要因の定量分析のための評価ツール.1次元多層都市キャノピーモデルです.
  • MCDM-23 version 0.3 (last update: 2003/06/05)
  • MCDM-23 は,IEA Solar Heating and CoolinProgramTask 23で開発された省エネルギービル設計代替案の合理的意志決定手法Multi-CriteriaDecision-MakingMethod, MCDMに基づくコンピューターツールです.
  • Albedo Calulator version 0.11 & Albedo Viewer (last update: 2003/09/29)
  • 複雑都市形状を考慮したアルベドを算出するツール.建物群の高さ,高さ分布,平面形状,道路幅や壁,屋根,道路の各反射率に関する入力条件を任意に変えて詳細計算するAlbedoCalulator(ダウンロードして ユーザーPCで実行)と既定の条件で計算したデータベースから結果を参照するAlbedoViewer(webアプリケーションとして実行)の2部構成.
  • 講義資料はトップページからダウンロードできます(学内限定)