九州大学大学院総合理工学研究院 エネルギー環境共生工学部門都市建築環境工学研究室 谷本研究室

Top |StaffResearchPublicationsSoftware & DatabaseLabo受験案内AccessLinkOBの皆様へEnglish


Software & Download > ET_AEE(Educational Tools for Architectural EnvironmentEngineering)

ET_AEEは教育用のツールとして開発されたコンピュータ・ソフトウェアです。建築環境工学のいくつかのトピックスに関する計算について、ユーザーフレンドリーでインターラクティブな環境をWindows上*1に提供します。学生はもとより、技術者,研究者が電卓代わりに使用することも可能です。

謝辞 :サンプルデータとして付属しているHASPフォーマット気象データに関しては、日本建築学会環境工学委員会熱環境小委員会気象データWGのご厚意により、「拡張アメダス気象データ」プログラムによって出力されるデータを使用させて頂きました。便宜を図って下さった長岡造形大学造形学部・助教授・二宮秀與先生,鹿児島大学・曽我和弘博士に衷心より感謝申し上げます。

特徴

ET_AEEが提供する計算機能は2つに大別され、合計12のツールを提供します。 

  • Engineering Issues
    • 太陽位置,壁面入射角およびプロファイル角
    • 水平面全天日射量の直散分離(Berlage,永田,松尾,宇田川,渡辺の各式)
    • 大気放射量(BruntおよびBerdahlの式)
    • 空気線図(線図上指示機能と絶対湿度,相対湿度,湿球温度,露点温度,エンタルピー,乾球温度の相互変換機能)
    • 温熱環境指標(PMV,ET,SET*)
    • 形態係数(代表的な面対面形態係数および点対面形態係数)
    • 標準気象データユーティリティ(HASPフォーマット気象データの内容表示)
    • 複合窓システムにおける日射の総合透過率
    • 窓のある矩形室における壁面間の面対面形態係数とGebhart放射吸収係数
  • Mathematical Issues
    • 線形連立方程式の解法(掃き出し法による解法)
    • 線形方程式の最小2乗解(倍精度計算で一般化逆行列を計算)
    • 線形重回帰分析(倍精度計算で重回帰係数,標準化回帰係数,寄与率を算出)

ET_AEEは、上記の各計算機能をそれぞれ別々のダイアログ・ボックスにおいて対話形式で行います。さらに、イメージファイルを多用したわかりやすいHELP機能が用意されています。HELPは英語で記述されています。計算の詳細,使用方法などについては、HELPをご参照下さい。

ET_AEE本体のソースコードは、Visual Basic/ ver.6.0 で記述されています。一部の計算においてFortranで作成された実行ファイルをVisualBasic内部からshellコールしています。また、HELPファイルはRoboHELPClassic/ ver.7.00でコードおよびコンパイルされています。以上の各コードの実行ファイルに加えてサンプルファイル,必要なシステムファイル(.dllや.ocxファイルなど)等をInstallShield Professional / ver.6により、installationfilesに圧縮統合しています。 


バージョン情報

本リリースはバージョン1.1.12です。前回公開したバージョン1.04,αテスト試用版から大幅に計算機能が強化されています。
しかし、まだET_AEEには私どもがまだ把握していない思わぬバグが潜んでいる可能性があります。ユーザーからのバグ情報は、プログラムの信頼性を向上させる不可欠のフィードバックになります。よろしく、ご一報下さい。連絡先のe-mailアドレスはHELPの"ContactUs"にあります。また、本ソフトウェアに関する最新情報を本web上で不定期に掲示いたします。そちらもご覧下さい。ET_AEEには、webブラウザが内蔵(Mainmenu/View)されています。詳しくはHELPをご覧下さい。

過去のリリース履歴は以下の通りです。

最新版version1.1.122002.10.10英語Windows環境で、Helpが閲覧できない不具合を修正、versionの番号は変えてません。
version1.1.122000.12.11
  • SET*の計算ルーチンにバグをフィックスしました。
  • SET*計算は、"Thermal Comfort"で行われる計算機能です。
  • v1.04をご使用の方は、アンインストール後に新規に完全インストールを行ってください。
  • v1.1.7以降のバージョンをインストール済みの方は、アンインストールは不要です。再インストールに際しては、shield起動時に、「変更」、「修正」、「削除」をダイアログで訊いてきます。その際、修正(E)を選択してください。
version1.1.112000.11.10
  • SET*の計算ルーチンにバグをフィックスしました。
  • SET*計算は、"Thermal Comfort"で行われる計算機能です。今回の修正に際し、技術的理由により同DialogBoxにあったET計算の機能を削除しました。これに伴う、若干のHelpテキストの修正も合わせて行いました。
  • しかし、...SET*の計算ルーチンにバグが発見されました。
version1.1.102000.7.10
  • v1.1.9の空気線図計算ルーチンのバグをフィックス。しかし...SET*の計算ルーチンにバグが発見されました。
version1.1.92000.5.27
  • v1.1.8のPMV算出のバグをフィックスしました。
  • Predicted Percentage of Dissatisfied,PPDの算出機能を付加しました。空気線図ルーチンにバグが発見されました。空気線図は、" Psychometric Chart"で行われる計算機能です。バグは、"Showthe Value"で特定の乾球温度と湿球温度をインプットした際に生じます。試しに、現バージョンで、乾球温度24.0℃,湿球温度19.0℃を代入してみてください。明らかにおかしな値が算出されます。
version1.1.82000.4.26
  • 前バージョンの点対面の形態係数(垂直面)算出のバグをフィックス。
  • しかし...PMVの算出に更にバグが発見されました。
version1.1.7,beta2000.4.24
  • 前バージョンのPMV算出のバグをフィックス。
  • 点対面形態係数(垂直面)算出ルーチンにバグが発見されました。点対面形態係数算出は、"AngleFactor"で行われる計算機能です。
version1.1.7,beta2000.3.10
  • PMV算出ルーチンにバグが発見されました。PMV算出は、"Thermal Comfort"で行われる計算機能です。V1.1.7,beta-buildt2000.3.10のバージョンをご使用の方は、バージョンアップを推奨いたします。V1.04αに以下の機能を追加しました。
  • 大気放射量(BruntおよびBerdahlの式)
  • 標準気象データユーティリティ(HASPフォーマット気象データの内容表示)
  • 複合窓システムにおける日射の総合透過率
  • 窓のある矩形室における壁面間の面対面形態係数とGebhart放射吸収係数
  • 線形連立方程式の解法(掃き出し法による解法)
  • 線形方程式の最小2乗解(倍精度計算で一般化逆行列を計算)
  • 線形重回帰分析(倍精度計算で重回帰係数,標準化回帰係数,寄与率を算出)
version1.04,α

1999.8.16

第1回release。下記の機能を含みます。

  • 太陽位置,壁面入射角およびプロファイル角
  • 水平面全天日射量の直散分離(Berlage,永田,松尾,宇田川,渡辺の各式)
  • 空気線図(線図上指示機能と絶対湿度,相対湿度,湿球温度,露点温度,エンタルピー,乾球温度の相互変換機能)
  • 温熱環境指標(PMV,ET,SET*)
  • 形態係数(代表的な面対面形態係数および点対面形態係数)

 本ソフトウェアはWindows95,Windows98,WindowsNTが動作環境です。


試用ライセンスおよびDisclaimer

  • ET_AEEはフリーソフトです。ご自由にお使い下さい。ソースファイルは非公開ですが、webからダウンロードできるインストールファイルはコピー可能です。ただし、バグ情報の伝達や逐次行うバージョンアップなどの観点から、私どもはユーザーのサークルを出来得る限り把握しておきたいと考えております。したがって、ユーザーには直接私どものwebからダウンロードしていただくことを原則とし、第三者へコピーの上譲渡すること(大学の研究室内などごく狭い範囲でのコピー使用は除く)はご遠慮いただきたいと思います。
  • また、本ソフトウェアを使用することにより生じた一切の責任は、ユーザー自身が負うものとし、私どもは関知しかねますので、あらかじめご承知おき下さい。
  • ET_AEEの著作権はソフトウェアを開発した九州大学大学院総合理工学研究院環境共生工学部門都市建築環境工学研究室に帰属します。

Download / インストール方法

まず、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。これらのファイルはハードディスクもしくはMOなど外部記憶媒体上に新規作成したフォルダ(ディレクトリ)に解凍して下さい。setup.exeを実行することで、インストールが開始されます。setup.exeの実行はエクスプローラーもしくはマイコンピュータのフォルダからダブルクリックすることでも可能ですが、全てのWindowsプログラムを終了後、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」から行うことを推奨します。解凍後、c:\ProgramFilesに新規作成される\Kyushu Univ\ET_AEEは約8.7MBです。

  上記の各項をご一読、承認の上、ダウンロードして下さい。

  承認する(ダウンロード)


このソフトについてのお問い合わせ、ご意見等はこちら(谷本)までお寄せ下さい。


Top |StaffResearchPublicationsSoftware & DatabaseLabo受験案内AccessLinkOBの皆様へEnglish

last updated : 2011/11/01